2014-08-15

風景の力

人間の思考は、風景の力を借りて一段階上にいける
 
保坂和志氏の「風景の力」というエッセイより。
何らかのアイデアが浮かぶとき、たしかに机の上よりも
風景を眺めている時の方が多いなと思った。

自分に隠された発想を掬いあげる網としての風景というよりも、
風景の側にこそ思考が偏在していて、あるタイミングで
こちらにその思考が潜入するとき、人はそれを自分の
中から出発したアイデアと錯覚しているのかもしれない。